●中小企業・個人事業主の感染防止対策への支援(県6月補正予算案)
兵庫県中小企業事業再開支援事業
【事業概要】
新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言対象区域の解除に伴い、社会経済活動が再開されることから、中小法人・個人事業主の皆様を対象に、従業員の労働環境確保のために取り組む接触感染や飛沫感染の拡大防止にかかる経費に補助金を支給します。
【対象となる方】
兵庫県内に事業所を置く中小法人及び個人事業主の方が対象となります(NPO法人も含む)。
※主たる事務所が県外にあっても、県内の事業所は対象となります。
※国や地方自治体、または本県が実施する同種の事業で、同一経費での重複申請はできません。
※政治団体、宗教上の組織・団体は対象外です。
【補助対象となる経費】
令和2年4月7日から令和2年9月30日の間に発注(契約)、納品、支払した以下の経費が対象となります。
補助対象となる経費
感染拡大を防止するために要した経費(資材費、設備・備品購入費、改装・修繕工事費、委託費・外注費、リース料、印刷費)
【補助金額】
以下の区分により、補助金を支給します。
中小法人、個人事業主いずれも、兵庫県内に事業所が一つの場合と、複数の場合で補助金額が異なります。
補助金の申し込みにあたっては、補助金額以上の事業実施が必要となります。(領収書等の合計額〔税抜き〕が補助金額以上になっていることが必要)

中小法人:県内に1事業所の場合20万円、県内に2事業所以上の場合40万円
個人事業主:県内に1事業所の場合10万円、県内に2事業所以上の場合20万円
申請手続き等】
申請書の受付期間

令和2年6月30日(火曜日)~令和2年9月30日(水曜日)
【申請方法】
提出にあたっては、申請書と添付書類を、下記の送付先に郵送してください。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、持参による提出はご遠慮ください。
《宛先》〒650-8761 神戸市中央区中山手通 兵庫県中小企業事業再開支援金事務局あて
 ※郵便番号と宛名だけでも届きます。(住所記入不要)
【申請に必要な書類】

  1. 交付申請書

    • ※各県民局商工労政担当課、兵庫県内の各商工会議所・商工会、信用金庫でも配布しています。
  2. 添付書類

    • (ア)法人代表者または個人事業主本人にかかる本人確認書類
    • (イ)直近の確定申告書(1枚目)の写し
    • (ウ)事業に係る領収書
    • (エ)振込先口座の通帳見開きページの写し

関係書類のダウンロード兵庫県中小企業事業再開支援事業リーフレット(PDF:143KB)
兵庫県中小企業事業再開支援事業補助金 募集要項(PDF:112KB)
兵庫県中小企業事業再開支援事業補助金 交付申請書(ワード:40KB)
兵庫県中小企業事業再開支援事業補助金 交付申請書記入例(PDF:208KB)
兵庫県中小企業事業再開支援事業補助金 領収書等貼り付け台紙(PDF:26KB)
兵庫県中小企業事業再開支援事業補助金 よくあるご質問(Q&A)(PDF:273KB)

●商店街の感染防止対策への支援(県6月補正予算案)
商店街感染症対策支援事業商店街が行う新生活様式への対応(ひょうごスタイル))にあわせた感染症対策を支援します。
概  要
対象事:業者商店街・小売市場の団体、商店街連合会
※任意の商店街団体も含む
取組内容
① 感染症拡大防止事業(商店街が実施する共有スペース等の感染症対策)
② クリーン商店街発信事業(感染症対策に取組む商店街のPRや来街者への啓発)
補助の対象となる経費
① 感染症拡大防止事業(感染症対策の導入経費)
・サーモカメラ、換気扇の設置
・空気清浄機、クリアパーテイションの購入 等
② クリーン商店街発信事業PR経費)
・啓発資材の作成(タペストリー、のぼり、ちらし 等)
・HPの更新 等
実施期間
令和2年4月7日(緊急事態宣言後)~9月末

申請期間
令和2年6月22~9月末
補助金額
定額補助:
商店街・小売市場:上限1,000千円/組合、下限100千円/組合
     商店街連合会:上限2,000千円/連合会、下限100千円/連合会

商店街感染症対策支援事業書類等
チラシ.pdf
商店街感染症対策支援事業実施要綱.pdf
商店街感染症対策支援事業実施要綱.doc
商店街感染症対策支援事業補助金交付規程.pdf
商店街感染症対策支援事業補助金交付規程.doc
商店街感染症対策支援事業補助金交付申請書.pdf
商店街感染症対策支援事業補助金交付申請書.doc

申請書類など一括ダウンロード.pdf
商店街感染症対策支援事業 Q&AQ1. 補助対象者
1. 商工会や商工会議所は、対象者になりますか。A. 複数の商店街組織を束ねて事業を行う場合や商店街組織の役割を担う場合には、対象となります。この場合、補助額の上限は2,000千円とします。
Q2. 補助対象経費・期間
1. アルコール消毒液、マスクの購入経費は対象になりますか。

A. 継続して使用できる物品を対象にしており、消毒液、マスクは対象になりません。ただし、感染防止を促し、商店街名を入れたマスクを配布は認めらます。
2. 共有スペースの感染症対策に係る経費しか対象にならないのは、どのような理由からでしょうか(商店街が個店の感染症対策をした場合は対象外ですか)
A. 当事業は、商店街が多くの人が行き交う地域のコミュニティの場であることから、その公共性に着目して支援するものです。このため商店街が個店に対して行う感染症対策は補助対象にはなりません。
なお、個店が感染症対策を行う場合は、中小企業事業再開支援事業により、定額で最大400千円(複数の事業所を持つ中小企業)の支援を行うこととしています。
3. 補助対象経費(感染症拡大防止事業)は具体的にどのようなものが想定されますか。
A. 商店街の入り口へのサーモカメラの設置、商店街共有スペースや事務局内スペースへのパーティション設置、飛沫感染防止対策のためのアクリル板、透明ビニールシート、パーティション、空気清浄機付きエアコン、トイレ、集会所等の換気対策 など
4. 既に購入した備品等の経費についても申請できますか。
A. 緊急事態宣言(4/7)以降に実施した感染症対策であれば対象になります。
5. その他、寄せられた質問から回答
商店会が保有する商店街内の大衆劇場で、チケットを手売りしていたが、接触感染を防止する為、自動券売機を購入する。〇
商店街利用客及び商店の店主が共有スペースにマスク等を廃棄しており、清掃員等の接触感染の可能性がある為、ゴミ廃棄用コンテナを購入して、路上に廃棄しないよう呼びかける〇

マスクの型紙を印刷し、商店街共有スペースで配布。机を設置して、自由に持ち帰れるように配布する。×
クリーン商店街発信事業は、商店街が取り組む感染症防止対策をPRするものの為、特にPRすることもなく、自由に持ち帰れるような配布は記内容は該当しません。
申請内容に不安がある場合はお問合せください
不可をお調べいたしまして、ご回答メールまたはお電話いたします。
Q3. 支払い等
1. 実績報告に添付する書類はA. 証拠書類として、取組み内容の分かる写真と領収書等(原本)を提出して下さい。
2. 実績報告後、どれくらいの期間で補助金は支払われますか。
A. 実績報告を提出後、支払いまで概ね1ヵ月から2ヵ月の期間を要します。

【お問い合わせ】
兵庫県商店連合会
電 話:078-341-7711(内3565)[平日9:00~17:00]
メール:post@hyogo-omise.com
・申請書類は郵送で受付致します。
住 所:〒650-0011 神戸市中央区下山手通6-3-28 兵庫県中央労働センター3F

宿泊施設の感染防止対策への支援(県6月補正予算案)
1.事業目的県内宿泊施設において、新型コロナウイルス感染症における感染症拡大防止対策として取り組む設備の整備等に要する経費を支援します。
2.補助内容
(1)補助対象者
  旅館業法の営業許可を受けた宿泊事業者
  (※1事業者あたり申請は1回限りとします。)
  ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業並びにそれらに類似する業種を営む者は除きます。
(2)対象経費
  宿泊施設内のロビー・受付、食事処等のパブリックスペース(客室を除く)及び送迎用車両において、感染症拡大防止のために整備する設備の購入費、工事費等
(※詳細は下記よりダウンロード)
(3)対象期間
  令和2年4月7日(火)~9月30日(水)
  ※ 補助対象期間内に設備の整備及び支払いが完了したものが対象となります。
  ※ 9月30日(水)までに設備の整備及び支払いの完了にかかる確認書類の提出が必要となります(消印有効)。
(4)補助額
区分補助率補助金の額※ただし、1,000円未満切り捨て
1つのホテル等を経営する事業者 上限 30万円

複数のホテル等を経営する事業者 (2つのホテル等まで対象)上限 60万円
3.申請手続き
○受付期間
 令和2年6月22日(月)~9月30日(水)[当日消印有効]
 ※ 予算の状況により受付期間中であっても受付を終了することがあります。
○申請方法
 申請書類をダウンロードのうえ、次の宛先に、「郵送」してください。
 ※ 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、持参による提出はご遠慮ください。
 ※ 申請書類の到達の有無に関するお問い合わせについてはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
   できるだけ、簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送願います。
 ※ 送料は申請者側でご負担願います。
 ※ 裏面には差出人の住所及び氏名を必ず記載してください。
[送付先]
公益社団法人ひょうご観光本部 「感染防止対策設備整備事業」担当
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
詳細及び要綱、申請書等のダウンロードはこちら(※7月1日 Q&Aを改訂しました)

お問い合わせ先

  • 公益社団法人ひょうご観光本部 
  • 住 所:〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
  • 電 話:078-362-3697
  • メール:kansenboshi@hyogo-tourism.jp
  • ※メールでお問い合わせの場合、件名に事業者名をご記入ください。